法人概要

定款

2020年11月27日認証の定款を掲載しています 内容はこちらをご覧ください

事業報告・決算報告

第10期から第15期の事業報告・決算報告を掲載しています 内容はこちらをご覧ください

役員紹介

理事長
長谷川計二(関西学院大学総合政策学部教授)

理事
佐藤等史(会社員、当法人初代理事長2006~2013)
金井鐘一(会社員、三田マッキントッシュユーザーグループ代表)
秋葉芳江(長野県立大学ソーシャル・イノベーション創出センター チーフ・キュレーター)
大島一晃(法人事務局長)
三井ハルコ(NPO法人市民事務局かわにし 理事長)
大東真弓(三田じばやんクラブ副代表、三田小学校支援ボランティアコーディネーター)

監事
中西芳一(三田ほんまち交流館「縁」当主)

スタッフ紹介

大島一晃(法人事務局長):常勤 2005.7~2008.3 / 2010.4~
本田文代(国際事業部 部長):非常勤 2021.6~
ドウ・シ・ハ・エン(国際事業部):非常勤 2021.6~
小宮真希(子ども・若者支援コーディネーター):常勤 2021.7~
島津恵美(子ども・若者支援コーディネーター):常勤 2021.8~

ボランティア: およそ40名(三田まちの寺子屋「まなびあ」、北神日本語教室、プログラミング企画ほか)

各種規定

場とつながりの研究センターの運営に関わる各種規定を掲載しています 内容はこちらをご覧ください

沿革

  • 2005年7月 任意団体 場とつながりの研究センターを創立。長谷川計二(関西学院大学総合政策学部教授)が代表に就任。
  • 2005年9月 三田市まちづくり協働センター市民活動推進プラザ開設(三田市より運営を受託)。
  • 2006年2月 代表を長谷川計二から佐藤等史に交代。
  • 2006年11月 特定非営利活動法人の設立認証を兵庫県より受け、法人改組し、特定非営利活動法人場とつながりの研究センターを設立。
  • 2010年8月 まちづくり事業部を分離独立し、三田市商工会館内に新事務所を開設。
  • 2012年3月 三田市まちづくり協働センター市民活動推進プラザの運営から離れる。
  • 2012年5月 三田市商工会館内の事務所を閉鎖。新たに、ほんまちラボを開設
  • 2013年8月 三田まちの寺子屋「まなびあ」をスタート